コプリのママ
  • Author:コプリのママ
  • ミュイです。
    今も私の中で生き続けて
    いる特別の子です。
  • RSS
コプリのしっぽ
猫と犬との楽しい毎日
最近の記事


プロフィール

コプリのママ

Author:コプリのママ
ミュイです。
今も私の中で生き続けて
いる特別の子です。


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


**里親探し**


**ボランティア**

banner


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傷病鳥獣保護ボランティア
神奈川県自然環境保全センターとかながわ野生動物サポートネットワークと
野生動物救護の会との主催でボランティアの募集がありました。
センターにいる傷ついて保護された鳥獣の世話とか資料作り等に携わる一般ボランティアと
傷は癒えたけど野生には戻せない子たちを引き取る長期ボランティアと
何らかの理由で親からはぐれてしまった幼鳥を子育てする短期ボランティアの
3種類があります。

以前から関心を持っていた事なので応募してみたところ
受講決定のお知らせ
で早速、土日の2日間、朝9時から夕方4時半までみっちり講義を受けてきました。

P1020008.jpg

野生動物は出来るかぎり野生に戻すことを大前提に
傷ついた鳥獣の捕まえ方、搬送の仕方、餌と保温の仕方など具体的に学び
究極的には人と野生動物との共生について考えるという非常に奥の深いものでした。

何十年ぶりかの講義なんて大丈夫かななんて心配しましたけど
結構マジで夢中になってました

この子は片羽が元にもどらないため野生には帰せず
センターでボランティアさん達の育成に貢献しています。
20060604191947.jpeg

こんなふうに腕に乗せて放鳥に向けての飛行訓練をするんです。
20060604224338.jpeg

これはオオタカ
20060604191906.jpeg

そしてサギ
20060604192029.jpeg

他にムクドリやヒヨドリなどは数知れずいます。
それにカモシカに狸。
それらを皆治療してリハビリして野生に帰してやるんですから大変な労力です。
その手助けを少しでも出来ればなあ・・・
そして一匹、一羽でも多くの子を自然に帰してやれればなあ・・・と思ってます。





スポンサーサイト

この記事に対するコメント

色んなボランティアがあるんですね。
了見が狭いので、ちっとも知らない私です(^_^;)
治療して、リハビリして、野生へ。。。
本当、大変な労力がいりますよね。
コプリママさんは、どのボラさんご希望なんですか?

【2006/06/05 00:15】 URL | みゆ #- [ 編集]


コプリママさん、お久しぶりです。
本当に色々なボランティアがあるんですねぇ~。びっくりです。
私も数年前の台風の日、仕事帰りにどこからともなく「ピーピー」という鳴き声が聞こえてきたのが気になり、道路の植え込みの中や木の下など、一人で捜索したことがあるんです。そして、恐らく強風で巣から落ちたらしい「すずめ」ちゃんを発見したんです。勿論そのままにすることができずに、連れて帰りました。でも、野生のすずめは育てるの難しいんですよね。ネットや近くのペットショップなどで飼いかたを調べたり、相談したり…。元気が出てきたとか元気がないとか、息子と2人ですずめちゃんを見ながら一喜一憂してたんですよ。あまり長く家においても良くないと思い、たったの3日で放してあげたのですが、その後はなんともいえない虚脱感と心配とで、涙が出そうな日々でした。実は、みるくを飼うそもそものキッカケは、そのすずめちゃんの保護だったんですよ。当時5年生だった息子は、すずめちゃんのかごを何度も覗き込んでました。その姿を見た時、単純だけど、生き物がいるって本当によいなぁ~~って思ったんです。そして、その数ヵ月後にはみるくを迎え入れることになったんです。今は、息子はみるくにベッタリですよ(*^_^*)
なんだか、すっかり長くなってしまいました。スミマセンm(__)m
コプリママさん、頑張ってくださいね♪
【2006/06/05 11:47】 URL | ぶぶちゃん #- [ 編集]


この間テレビでどこかの県の獣医さんの特集でしてたよ~
ワシとかふくろうとか山の動物が人間のせいで怪我とかしてるのを助けてくれるってテレビ
です。

人間のせいでたくさんの子達が犠牲になってる。
犬や猫もそうだけど自然界まで人間が狂わせてしまってるんですね。


1頭でも1羽でも多く怪我を治して自然界に無事かえってほしいですね。
【2006/06/05 12:51】 URL | kaori #Si2BarZE [ 編集]


お返事ですe-251

みゆさん>
岐阜大学にあるというのは知ってたんですけど
神奈川にあるとは私も最近まで知らなかったんです。
すぐ応募してしまいましたv-221
どのボラもやりたいのだけど、時間がとれないのとニャンコが居るのとで
預かりはまず無理、でセンターでのお手伝いにしました。
これなら年間50時間以上行くということで、好きな日に参加できるんです。
(突然行ってもやることがあるくらい人手が足りないv-292
無理は出来ないけど(何せ年なんで・・)頑張ってみますv-91

ぶぶちゃん>
お久しぶりです。
スズメを助けたことあるんですね。
勝手がわからなくて大変でしたでしょう。
皆さんそうなんですよ。
だからぶぶさんのように2~3日様子を見て放してくれればいいものを
センターまで持ち込んでしまったり飼ってしまったりv-292
ケガをしていたり生まれたばかりの子だったりしたら別なんですけど。
それにしてもそれがきっかけで今の息子さんとみるくちゃんの関係、いいですねえv-424
どこまで出来るかわかりませんが頑張ってみます。

かおりん>
ほんとにセンターへ運び込まれる子のほとんどが人的被害v-293
直接手を下したわけではなくてもガラス張りのビルに激突するとか
コンクリートで固められた水路に落ちるとか・・・・・。
窓ガラスにタカのワッペンを貼るだけで小鳥は近寄らなくなるし
柵を作るだけで防げるような事故が多すぎます。
そういった事を知ってもらうのもボラの大切な仕事です。
生き物皆が共存出来る環境に一歩でも近づければという思いです。
【2006/06/05 15:17】 URL | コプリのママ #- [ 編集]


コプリママ、すご~い(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ
このようなボランティアがあることさえ、あたしは知らなかったヾ(;´▽`A``
みっちり講義も、(〃´∀`)ノ≪*。o゚ォッヵレサマ゚o。*≫ヽ(´∪`〃)
今度会ったら、いろいろ話聞かせてくださいね~゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚
Fight!!(o^-^)尸~''☆ミ☆ミコプリママ☆*~゚⌒('-'*)⌒゚~*☆
【2006/06/06 23:59】 URL | あみ #- [ 編集]


お返事ですe-251

あみちゃん>
まだ右も左もわからないことだらけなんだけど
昔からすごい関心だけは持ってたの。
たいした事出来ないと思うけど頑張ってみます。 
【2006/06/07 11:37】 URL | コプリのママ #- [ 編集]


本物のフクロウ?木彫りの置物かと思ってしまいました^^;
オオワシにしても、この辺りでは見かけることもなく、さすが~です。
講習会を受けるとボラさんとしてお手伝いできるのですね。
ボラさんもすごくいろいろあるんだと、感心してしまいました。
でも、自分の好きな事、得意な事でなにかお手伝いできたら嬉しいです。
コプリのママさんも頑張って下さい!
又様子をお知らせくださいね。

【2006/06/07 22:56】 URL | mami #2DYIf3aE [ 編集]


すご~い!こういうボランティアもあるんですねv-405私は動物(犬ネコ)の保護施設にボラに行ってるんだけど、野生は大変でしょうね。可愛がりながらもあまり近づくと野性に返れないし...とかっていう犬ネコとはまた違った大変さがあるのではv-355   こんなに傷ついた子たちが増えているのはやっぱり人間のせいなんでしょうね...。人間の贅沢のために犠牲になる動物達...申し訳ない...助けたい!っと思っても何をすればいいのか、どうすればいいのか分からない...情けないわv-393
大変なことも怪我をすることもあるかもしれないけど、頑張ってくださいねv-290それ以上の喜びや愛情をもらえるかも~e-266
【2006/06/08 22:15】 URL | ゆみ #- [ 編集]


野生動物のボランティアがあるなんてはじめて知りました。
知らないだけでこんなに傷ついた野生の子達がたくさんいるんですね。
人間が住みやすくなればなるほどこういった子達が増えていくんでしょうか。
コブリママさんお疲れ様です☆
みんな元気になって野生に戻れるように☆
【2006/06/11 15:17】 URL | ようこりん #- [ 編集]


お返事ですe-251

mamiさん>
野生動物がどんどん減っていってしまうのが残念で
大したことは出来ないけど頑張ってみます。

ゆみさん>
そう、今まで接してきたワンニャン達と違って
べったりするわけにはいかないんです。
あくまで自然に戻す手助けだから。
難しいですよね。
傷つく子のほとんどが人的被害・・・それだけにもっと皆に知って欲しいです。

ようこりんさん>
人間と野生動物がいかに共存していくか?
ていうのが究極の課題なんですけど
そんな難しいことより1匹1羽でも多く野生に戻してあげたい!
それだけです。


【2006/06/11 23:14】 URL | コプリのママ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kopuri.blog36.fc2.com/tb.php/51-e02e80fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。