コプリのママ
  • Author:コプリのママ
  • ミュイです。
    今も私の中で生き続けて
    いる特別の子です。
  • RSS
コプリのしっぽ
猫と犬との楽しい毎日
最近の記事


プロフィール

コプリのママ

Author:コプリのママ
ミュイです。
今も私の中で生き続けて
いる特別の子です。


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カレンダー(月別)

10 ≪│2006/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


**里親探し**


**ボランティア**

banner


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の連休
お天気にもめぐまれての3連休
皆さんはどう過ごされましたか?

私は我孫子にある手賀沼公園で開催された『ジャパンバードフェスティバル』に
参加してきました。
環境省の後援によるイベントで参加、協賛共そうそうたる顔ぶれでした。

これにボランテイィアをしている鳥獣保護センターにある『野生動物救護の会かながわ』が
出展することになり
野鳥と猫がしあわせにくらすためには
をコンセプトにポスター作りから参加させていただきました。
(デジカメがまだなおって来ないので写真小さいです

CA270019-0001.jpg


bu-su.jpeg


CA270015-0001.jpg

毎年センターに傷ついて保護される野鳥の12%が猫によるものです。
これは幼鳥の巣からの落下につぐものです。
しかもこの数字はほとんどが飼い猫によるもので、捕った獲物を猫が家に持ち帰り
飼い主が慌ててセンタ-へ持ち込むと言うケースが殆どです。
飼い猫だけでこの数字ですから外猫、野良猫を加えたらどのくらいになるんでしょうか
しかも猫飼いの方ならご存知でしょうが
猫の傷というのは深く食い込むため肺や心臓にまで達してしまうことが多く
残念ながら死亡率がとても高いのです。(50%以上です)

で、今回私達が伝えたかった事・・・

  猫を外に出さない(室内飼いにする)
   
  猫を捨てない
  
  地域ネコの去勢・避妊手術を促進する


これらのことは野鳥が襲われるのを防ぐだけでなく、猫にとっても交通事故や感染症の
予防にもなります。
野鳥にとっても猫にとってもしあわせな環境をつくるために
是非この3項目を守っていただきたいのです。

というような展示発表をして何と最優秀賞になりました

これから地域猫ボランティアの方達や獣医さんたちと協力してこの運動を進めていくつもりでしたのですご~い励みになりました。
頂いた賞金も活動資金として大切に使わせていただこうと思います。

集客に一番貢献してくれたノスリ(タカの一種)のジロウちゃんです。
CA270010-0001.jpg


CA270034-0001.jpg


当日はテントを張りキャンプ場で泊まりでしたので番犬として参加(?)の
アラスカンマラミュートのバウル君です・・・大きくて超~可愛いの

CA270013-0001.jpg


でうちのお嬢様達はというと今回は娘とお留守番・・・また大騒動だったらしいです

日曜日は一緒にプランターの植え替えを手伝って(邪魔して)ご機嫌のすみれとライラです


CA270042-0001.jpg

CA270039-0001.jpg


仲良く一緒のベットに入ってます
CA270044-0001.jpg


スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。