コプリのママ
  • Author:コプリのママ
  • ミュイです。
    今も私の中で生き続けて
    いる特別の子です。
  • RSS
コプリのしっぽ
猫と犬との楽しい毎日
最近の記事


プロフィール

コプリのママ

Author:コプリのママ
ミュイです。
今も私の中で生き続けて
いる特別の子です。


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カレンダー(月別)

08 ≪│2006/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


**里親探し**


**ボランティア**

banner


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イワツバメ
昨日ボランティアの交流会が開かれ、例のイワツバメの報告がありました。
当初センターに運び込まれたヒナは21羽。
普通のヒナが20~22gくらいあるのに、その子達は12~13gくらいしかなかったそうです。
3日間食べれなかったことに加え、イワツバメシラミバエが1羽に20~30匹も
とりついてしまっていて吸血しているのですからたまりません
野生のヒナに3~4匹ついているのはあたり前のようなのですが
土嚢の中で死んでしまった子達の分までついてしまったのでしょう。
羽毛の中に逃げ込むそれを1匹づつ捕まえて退治するんですから大変な作業です。
ノミとりシャンプーして首にスポットってわけにはいかないものなあ
それに加えて1時間おきの給餌。 お二人のベテランボランティアさんには頭が下がります。
そして少し飛べるようになると今度はフン攻撃。
ご自宅の一部屋をその子達のためにあてて飛行訓練をさせるのです。
1~2羽ならともかく10羽からいるんですから想像を絶するものだったと思います

でもお陰で17羽のヒナが隣接したリハビリセンターのグランドから 無事放野されました
そのあたりに生息するイワツバメの群れに混ざって飛ぶ様子が 見れたそうです

繁殖場の崩壊にしても捨て犬捨て猫の問題にしても 私たちの身近でおきているのに
知らない人、関心を持たない人が多すぎます。
今回もたまたまそのホテルに泊まった2組のご夫婦が巣の撤去を聞き
行動を起こしたのが始めです。
だから自然と人間との共存、命の大切さを地味だけれども
ことあるごとに伝えていくことが大切だと改めて感じました。


がらっと変わって・・・花火大会。
お出かけ前の3ゆかた美人です
P1020416.jpg

P1020415.jpg

P1020414.jpg

ぷぷななは本当は花火が苦手なんだよね。
20060903102029.jpg

あみちゃんのブログの写真よりひどく勝手な方を向いている3美人 
P1020426.jpg

そしてやっと撮れた貴重な花火の写真です(難しいわあ)
P1020466.jpg

P1020464.jpg


スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。